2013年05月08日

fxの手法

手法(と呼べるのかどうかわかりませんが。。。。)です。クロス円のロングで勝負します。ショートはめったにやらないので書きません。また指標の発表時のは考えていても、実行できたことがまだ数回しかないのでそれも省きます。

実は、下記のことはこれまでも何度か書いていることでもありますので、注意深い読者の方なら気づいていらっしゃるはずです。

 まず指値ですが、何かのテクニカルを使っているというのはまったくなく、これくらいかな?とそれまでの時間帯の値幅を見て決めます。

 最近急に利益が増えてきたのは、値幅を見るのが回数が以前は夜の1回から、2回あるいは3回に増えたからだと思います。有効な指値と値幅を見極めるのは訓練しかありません。

 あと、口座数を複数にしたこともよかったと思います。

 さらに、手数料はマネパなど無料のところのほうがよいです。一部有料を使っていますが、やはり無料のを選ぶと効率がよいです。

 それと、これは初めて書くかもしれませんが、指値は、0、5、10、15というような切のいい数値は避けてます。なんとなくみんながそうしているような気がしますので。。。普通はここまできたらみんなは買いたいかな?それなら私はここで、という感じです。(今日の指値でもわかりますね)
 
 また、これも以前コメントで書いたこともありますが、取りたい値幅ではなくて、取れる値幅を取るようにしています。
 
 あと、枚数は、安いところでは多く、現在により近いレートでは少なく買います。

 ですから、指値がなかなか決まらない人は、利益幅をできるだけ小さくしてそれが約定できるようになったら、利益幅を少しずつ上げて、枚数も増やしていくようにしたらよいと思います。そうして、利益を重ねていくと、資金が増えて、建玉も増やすことができるようになると思います。

 これが私がいえる現在の手法とアドバイスです。なんだそんなこと?と思うでしょうが、そうなのです。私も最初は約定までは、日数がかかりました。近くまでいっても反転したりしていました。でも、利益までの値幅を小さくしていったらより短い期間で決まるようになりました。でもその値幅は大きすぎました。それは相場が急変したときに危険です。

 デイトレードで確実にねらえる値幅を取ることが肝です。それは私の場合、チャートを見ないで最近までやっていましたが、チャートを見るようになったらもっと楽になりました。5分足と15分足を見ています。
 
 指値をどうするかが一番難しいところですが、そればかりは何度もやって訓練するしかないです。これは私の場合感覚的なもの(相場の勘みたいなもの)なので、人に伝授できるものではありません。
 
 また、この1年の間に取引の内容も少しずつ変わっています。ドル円中心でしたが、最近はポンド円です。今はわりにわかりやすい動きをしていますが、ご存知のようにポンドはひとたび一方向に動き出したら怖い通貨です。私の最近の取引はポンドが中心なので、動きの激しい分利益が大きくなっていますが、いつなんどき急落があるかわかりませんので、十分注意してください。
 以上、私の手法とアドバイスを書きましたが、これ以上は残念ながら公開するものは何もありません。何かすごい秘密があると思っていらっしゃる方も多かったと思いますが、たったこれだけのことなのです。残念ながら以上につきるのです。私だって皆さんと同じトレーダーなのです。これくらいのことしか思いつきません。でもこれくらいのことでも、長い間かけて見つけたことなのです。さらにいえば、これくらいのことでも大きな利益を生むチャンスがあるということです。そしてそれに気がついていらっしゃった方は、すでに利益を増やしていらっしゃる方もいるかもしれません。
posted by えんため at 14:18| 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。