2011年10月08日

保証金融資詐欺

今朝、「融資保証金詐欺」の被害件数が1万件に迫っている、という記事を新聞で見ました。オレオレ詐欺や架空請求詐欺を抜き、被害額は60億円にも上るそうです。
多重債務者に

大手会社に似た名をかたり、低利・大きな枠の融資をもちかける。(2~3%のありえない率)
保証人をつけたり、コンピュータの設定をするためにお金が必要なので振り込め、と言ってくる。
保証人をつけられなかった、とかで更にお金を振り込ませる。
不安に思った被害者が融資はもういいから、預かり金を返してくれ、と申し出る。
急に連絡がとれなくなる。

といった手口のようです。今日の記事には500万の融資のために、600万以上の預かり金を払った被害者の例が載っていました。融資希望の人なのですから、お金はないはずなのにその600万ってどこから融通したのでしょう・・・借金して作ったのでしょうか・・

また、低利の融資をするにはまず1社完済することが必要だ、そこでクレジットカードのショッピング枠を使って現金をつくるから、カードを送れ、という手口もあるようです。

多重債務者の心理につけこむこういう詐欺は許せませんね。

わたしは消費者金融のお世話にはなってないので、あまり金利に苦しんだという経験はありませんが、それでも信販系のカードのキャッシング28.8%というのを返していたことはあります。枠が30万ぐらいだったので、1~2年で払い終えたのですが、それでも何となく「きついな~」という印象はありました。

それに、何年も返済と固定支出の合計が手取りを上回っている、という時期が続きました。足りないからボーナスを回し、そんな中でも浪費やパチンコや止められなかったので、どんどんカード枚数と借金残高は増えていきました。多重債務者への道を順調に歩んでいたわけです。

そんな頃、わたしが思っていたのは

「利息って高いんだな~」
「へえ~、利率って会社で違うのね~」

なんてことではないのです。

はっきり言って、利息の存在なんて考えていませんでした。
気になるのは月々の返済額のことだけ。
返済額のうち、利息がどのくらいの割合を占めているのかほとんど頭になかったです。

月々の手取りで足りないのだから、給料日の時点で予算もやりくりもあったものではありません。いかにしてその月の支払いをすませられるのか。ボーナスそのものも一括払いをあてにして買い物してましたからそう残ってはいませんでしたし、わずかに残ってもあっという間に月々の補填で消えてました。

モビットのキャッシング評判
おまとめローン・ローン借り換え低金利はモビットでキャッシング!
posted by えんため at 14:17| 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。